痛車グラフィックス

Latest Posts

anime-aircruft-fun-travel-and-casino

日本の痛車と、外装デザインに凝った乗り物を紹介!行き先に頼らずいつでもオンラインカジノでプレイ?

分かる人には分かる痛車の良さですが、その言葉の由来は周りから見ていて痛々しい車という意味からきています。 また、恥ずかしい行いのことを見ていて痛いとも一般的にいうことにより、定着した言葉の一つです。 痛車とは、車の見た目のデザインをご自身の好きなアニメのキャラクターなどのスティッカーやペイントなどを施して、推し前面のデザインを作り上げる車のことを指します。 街中でこのような車を見かけたことがあるという方も少なくないかと思います。 また、痛車ではありませんが、新幹線や電車、飛行機などの乗り物にも限定のデザインとして機体の表面にアニメなどのキャラクターが描かれているものもありますよね。 非常に可愛らしいデザインのものも多く、機種によっては内装も考えられてデコレーションされていたり、デザインが施されているものも多いので、一度あえてそれらの機種を選んで乗車してみるのも新鮮でおすすめの体験になるでしょう。 では、ここからは、そんな車以外の外装デザインが有名で人気をもつ乗り物をご紹介していきたいと思います。 「鬼滅の刃じぇっと−壱−」(ANA) 世界中で人気の火を付けたアニメの鬼滅の刃ですが、そのブームに日本の航空会社ANAが機体の外装デザインに採用しました。 2022年1月31日から国内路線を運行するボーイング767機材は初日に羽田空港から福岡空港までを、143人の乗客を乗せて運行を終えています。 飛行機の横側面に、アニメ内で登場するキャラクターの竈門炭治郎、竈門禰豆子、我妻善逸、嘴平伊之助が描かれており、2022年度中にもう一機増やして増便する予定だそうです。 この飛行機は外装のみならず、中には鬼滅の刃をモチーフとして作られたエプロンをしたCAさんがサービスを提供してくれ、各空港で初めての出発の際には、乗客全ての人たちに記念品としてオリジナルの手帳を無料プレゼントしてくれるそうです。 ファンの方にとっては、日本国内でとってもブームの鬼滅の刃飛行機に乗ることは夢かもしれませんね! 「フライングホヌ」(ANA) またしてもANAの飛行機で見ることができる限定デザイン飛行機ですが、その名も「フライングホヌ」と呼ばれる二階建ての飛行機です。 青・緑・オレンジの3機の飛行機が用意され、エアバス380という総二階建ての飛行機で、東京からハワイのホノルル空港までを結ぶ国際線のみの運行です。 ホヌというのは、ハワイ語でウミガメを意味する用語で、飛行機全体のデザインがウミガメをメインに描かれている非常に可愛らしい巨大な飛行機です。 当初の予定としては、2019年3月から本格的に運行がスタートしたのですが、その後世界的にコロナウイルスの感染拡大により、しばらくは運行を休止している期間が続いています。 今後再運行され、ハワイに行くときにはぜひフライングホヌを利用して雰囲気を味わいながらハワイに到着するまでの移動時間を楽しみましょう! 皆さまは、ハワイに行ったらまず何をしたいですか?一度行くと住みたくなると言われているハワイですが、日本国内では中々できないアクティビティが沢山あります! ウミガメと一緒に泳ぐことができるプログラムや、山と海を同時に楽しめる景色を見たり、水着でショッピングモールにも行けるような街のラフさ、ホテル内で遊ぶことができるカジノクラブなどが人気です。 特に日本人観光客のみならず、世界中から訪れた観光客に人気のカジノクラブは24時間日本人の方も遊んでいる様子を見ることができます。 なかなか簡単にハワイに行けないですが、カジノだけでもハワイの気分を味わってカジノゲームをしたいと思いませんか? その時にピッタリのハワイのようなおすすめネットカジノというものがあります。 ネットカジノとは、オンラインカジノとも呼ばれているもので、ご存知の方も多いかと思います。